陽炎2型Eの外光テスト

検証

検証の目的

陽炎2型Eの外光に対する対策を判り易く公開するため

検証環境

トリガーセンサーに直射しやすいようにメカBOXを開けた状態にしてあります。
モーターでブザーを鳴らしているので、グリップを装着してモーターを接続してあります。
バッテリー接続状態でセレクターはセミ位置です。

検証方法

陽炎2型Eのトリガーセンサーをフラッシュライトの光を直射をさせる。

検証動画

検証結果

フラッシュライトを直射した場合、誤動作することなく、外光を検知して操作無効状態をブザーで通知しています。
操作無効状態は外光を検知しなくなると自動で解除されます。

この外光検知機能は陽炎2型C+、陽炎2型E、陽炎3型Dに搭載されています。

陽炎2型Eの詳細は陽炎2型E(M4系/M16系/MP5/G3)を参照してください。

ご購入はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました