シム調整について

注意点

セクターギヤがカットオフスイッチや取り付けネジに接触しないか確認を必ず行ってください。
接触する場合は必ずシム調整を行ってください。
セクターギヤがカットオフスイッチ等に触れた場合、故障の原因になる場合があります。

セクターギヤのバリについて


赤丸部分タペットプレートを引くための平行ピンが圧入されている部分です。
圧入の際にバリや平行ピンが若干出っ張っているセクターギヤもあります。
そのまま弊社製品を組み込むとバリ等がカットオフスイッチに接触してスイッチのカバーを破損することがあります。
シム調整では回避できない場合はリューター等でバリ等を削って均してください。

タイトルとURLをコピーしました