陽炎2型で出来ること(ver3用)


既に販売されています、陽炎2型(ver3用)

※電動ガン特有のレスポンスの悪さを改善いたします!!

※キャンセル機能付きバーストモードで、相手にバーストだと悟られにくいです。

※ピストン停止位置設定でセミオートのレスポンス(トリガーON~ピストンリリースまでの時間)を極限まで向上できます。

※サイクルコントロールにより、フルオート(バースト)をローサイクルに設定できます。

※設定変更はトリガーとセレクターにより簡単に行う事ができます。

 

主な機能

1.バーストコントロール20段階

・フルオート・バースト(20発まで)の設定ができます。
0発設定:    フルオートになります。
1〜20発設定: バースト発射数になります。

・バースト射撃中にトリガーを離すとバースト状態をキャンセル出来ます

 

2.サイクルコントロール20段階

・1発ごとの作動速度はそのままに発射サイクルだけを遅く出来ます。
(設定0〜20段階増で遅く出来ます。)

・この機能はフルオート・バースト時に有効となります。

 

3.ピストン停止位置15段階

・ピストン停止位置を15段階で設定出来ます。
設定0:  ピストン前進位置となります。
段階数分: ピストンが後退いたします。

・セミオート時はもちろん、バースト・フルオートの射撃時も設定した停止位置を保持します。

・ご使用するモーター・バッテリーにより少ない段階数分で1サイクルすることがあります

 

4.スプリング解放動作

・電動ガンを保管する際に行う動作です。

・ピストンを最前進位置で停止させてスプリングのへたりを防止します。

・再度射撃動作を行うとピストン停止位置設定が有効になります。

 

5.設定初期化

・ユーザー様の設定した内容を工場出荷状態に初期化します。

 

6.ファームウェアアップデート機能

・ファームウェア(プログラム)更新により機能をアップすることが出来ます。

・アップデートは有償(価格未定)とさせて頂きます。販売店様へご相談下さい。

 

上記までは設定の数が変更されただけす

 

陽炎2型(ver3)の新機能

1.セレクター選択モードの追加2段階

AK系統とG36/MP5K/SIG系統のセレクターの選択が可能

AK系統:       セーフティ→フル→セミ
G36/MP5K/SIG系統: セーフティ→セミ→フル

 

2.リポセーフティー設定モード(ON・OFF選択可能)

バッテリー低電圧状態でシステムの停止の設定が出来ます。

 

3.オートオフモード(4段階にて設定が可能)

0.75秒/0.5秒/0.25秒/0.125秒の4段階にて設定が可能です。

(カットオフ未検出の場合やバッテリー低電圧時にモーターの初動が遅い場合にも停止いたします・リポセーフティがOFFの場合でも作動いたします。)

 

4.ブレーキ設定4段階(ON/OFFの切り替えが可能)

オフ・最弱・弱・中・強の5段階にて設定が可能です。

 

5.セルフテストモード(陽炎2型の保護のためバッテリー接続の度に時にテストしています)

4セル以上(14.8v以上のバッテリーの接続)
モーターコネクターの脱落またはFET以降の断線
バッテリー電圧の低下(過放電状態のバッテリーなど)

 

上記の問題がある場合、陽炎2型の保護のため作動いたしません。